FC2ブログ

CANNONDALE CAAD12 COLORS !!

2018年のキャノンデールもう一つの目玉、CAAD12 フレームセット COLORS が当店にも入荷しました!

入荷のカラー・サイズはマットブラック 50、レースレッド 54です。
racered.jpg

価格は¥150,000-(税込¥162,000-)!

上側のカラーリングはこうなっています。
upper.jpg
「うわ高級。」と思わず口にしてしまいます。


下側から見ると「JOIN THE ALUMINATI」という製作者メッセージが入っています。
join.jpg


この他にも合計 22色ものカラーバリーションが存在します!!

CAAD12 COLORS メーカー特設ページ!



本フレームセットには付属品が豊富にあります。
まず、カーボンフォーク(バリステックフルカーボン、スピードセーブ仕様)、
シートクランプ、カーボンシートポスト、専用ヘッドセット(スペーサー付き)が上の画像から見られると思います。

また、プレッシャープラグも付属です。
plug.jpg
キャノンデールの「SYSTEM INTEGRATED」と、「FSA」のロゴが一緒に入っていますので、この部分が共同開発なのが分かりますね。

small.jpg
さらにこちらの画像の左上から、フレームアウター受けの蓋が左右分(Di2用)と、BB下のワイヤーガイド部分の蓋(Di2用)、
後ブレーキ用アウター受け(ヘッドチューブ差込式)、
後シフトワイヤーのアウター受け(リアエンド部差込式)、前シフトワイヤー用のアジャスター、
画像右のスナップリング 2個は BB30 ベアリングの位置合せに使われます。

以上が CAAD12 COLORS フレームセットの内容になります。

最初の写真では見えませんでしたが、シートポストは Di2 内蔵バッテリー対応型です。
post.jpg


現物で意外にも便利な構造になっていたのが付属のカーボンスペーサーです。
head1.jpg
コーンスペーサー 25mm がまず入るのですが、これが 2重構造になっています。中にヘッドパーツの蓋があるわけです。
head2.jpg
ポジション慣れしていくにつれ、ハンドル位置を下げていく時にコーンスペーサーを取れば、そのまま最下端の位置が取れるようになっています。
通常フレームに合わせたコーンスペーサーを取り去ってさらに低いハンドル位置を出すには、別途専用パーツを買わなければいけないのですが、これは親切設計です。
コーンスペーサーは 25mmで、この他の通常スペーサーは 15mm が 1つ、5mm が 3つ、全て合せた場合は 55mm が初期付属です。



主要なシマノコンポで組み立てた場合の参考価格はこちらです。
105 ¥275,000(税込¥297,000)
ULTEGRA ¥310,000(税込¥334,800)
Dura-Ace ¥410,000(¥442,800)
Dura-Ace Di2 ¥570,000(¥615,600)


カラーバリエーションから最適な色に出会ってしまった方、パーツは既に決まっているけどフレーム本体をお探しの方、
フレーム本体のアップグレード等のパーツの乗せ代えを考えている方、その他にもご興味のある方は是非ご来店ください。

私自身も CAAD12 を試乗しましたが、カーボンキラーの名にふさわしい軽さがありました。
同じキャノンデールのカーボンバイク SUPERSIX EVO に引けを取らない潜在能力があるでしょう。
どうぞよろしくお願いいたします!

眞下

CANNONDALE CAAD12 COLORS FRAMESET

00620391
スポンサーサイト