怪奇!!空気が数日で抜ける!?

こんにちは!コンドゥです☆

毎日暑いっ!!
日本は大丈夫なの?ってホントに考えてしまいます。
自転車乗られる方は、暑さに強い方が多いと思いますが、
さすがに暑すぎますよね・・・(;´༎ຶД༎ຶ`)

体調管理をしっかりして、無理をせず、サイクルライフを楽しみましょうね☆


さて今日は、つまらないかと思いますが
チューブから空気が抜けてしまう話。

「当たり前じゃん!」と思われる方は多いと思いますが、
これがパンクもしてないのに、2~3日でとしたら・・・・。


これはまさに、夏だけに怪談ですよ!(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ)

これは、本当にあった話です・・・・
ここ数日、1週間以内に空気をパンパンに入れたのに、乗ろうとしたら空気が抜けているというお客様が、
CYCLE YOSHIDA テレ朝通り 西麻布店に集中して持ち込まれました。

大半が半分くらい抜けていて、空気を入れたりして帰られるのですが、
中にはパンクしていると思われるほど抜けているお客様もいて、タイヤからチューブを取り出して、
水につけてみるのですが、パンクしていない・・・・。
さらには、数日前パンクの修理をこちらでさせていただいたいて、乗ろうとしたら抜けてたとお持ちになったお客様もいたり。

全て、パンクしていないんですぅぅぅぅぅぅ!!
ひいいぃぃぃ!!ガクブル(((ノ)゚Д゚(ヽ))))ガクブル


おおげさでしたかね(笑)

でも、話は本当です。先週末にもち込まれたお客様の大半にみられました。

まずは、
自転車の空気が抜けることは皆さまご存知ですよね??

空気が抜けた状態で乗ると、
何かがささったり、段差で打ち付けちゃったり、中のチューブが寄ってひっぱられちゃったりでパンクしてしまうわけです。
タイヤの摩擦も上がり、磨耗もすすみますし、まず自転車が進まないですよね(笑)

なので、どこの自転車屋さんでも、「1ヶ月くらいを目安にいれてくださいねー。」というわけです。

ここからは自転車屋さんの裏話☆
ただ時期によっては、1ヶ月より早く抜ける時期があるんです。
それは今!!7月の末から8月の頭!!世にいう、一番暑い時期(;´༎ຶД༎ຶ`)

この時期は、昼間と夜の寒暖さも激しい日もあれば、
さらに都市部は、アスファルトの温度が夜でも高く、ずっと熱がこもってたり・・・
また、最近はゲリラ豪雨なんていう夕立で、湿度も上昇なんてことも・・・

空気が抜ける原理としてよくいわれることは、
タイヤの中のチューブは風船と一緒。
ゴムの分子の隙間から空気はさらに小さいので、抜けるのですが、

いま書いたような温度変化などが、それを助長させるんですね。

ながながと書いてますが、
結局この数日間、ものすごい気温の上昇がありましたよね?
しかも都内はゲリラ豪雨も・・・
最悪の条件が重なったため、ここ数日は空気が抜けたお客様が多かったのかと!!

ぼくも専門家ではないので、推測の域は超えませんが
ここまで多いと考えてしまいますよね~。

とくにロードバイクなど、
高圧をかけて空気を注入しているお客様!


1週間ほど乗っていない、または最近のったけどなにか変だった方、
ぜひタイヤをさわって見てください!!
保管場所や条件に左右されますが、ぜひ乗る前には点検してくださいね!!

今日は文章だけで長々とすみませんでした~


CYCLE YOSHIDA テレ朝通り 西麻布店は、
みなさまのお越しをお待ちしております!
╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !  ではでは!

-----------------------------------------------------------------------------------------------
CYCLE YOSHIDA テレ朝通り 西麻布店

港区西麻布3-6-3
テレ朝通り中国大使館前
TEL:03-6434-0095
FAX:03-6434-0979
※駐車場はございません。
お車でお越しのお客様は最寄の有料駐車場をご利用ください。

営業時間 11:00 ~ 20:00
修理受付 11:00 ~ 19:30

水曜定休
-----------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。