グリップ交換のすゝめ

テーマは「自転車のグリップを交換してコミューティングを快適に」

自転車のグリップは素材や形が様々な物が販売されていて
買った自転車に最初から付いているグリップも様々。

普段はあまり気にしないけれど
自分好みの素材や手の大きさに合った物に交換すると、とても快適になりますよ。

オススメはもちろんエルゴノミクスデザインのコンフォート系グリップです!


数ある中からその一部をご紹介。
121026_GRIP_AFTER.jpg
VELO STヒストリアグリップ ¥1,470(税込)※左端
合皮と太めのステッチのクラシカルデザインライトグリップ
カラー:茶、白、黒、黒茶
※グリップシフト対応タイプも有り


VELO スポンジ ロックグリップ ¥1,680(税込)※中左
カラー:白、黒、赤、木目

スポンジタイプのロックオングリップ。
スポンジグリップの滑りやすさを解消した軽量なグリップです。


CANNONDALE エルゴグリップ ¥2,100(税込)※中右
手を疲れさせないよう設計された形状のグリップ。
ロックリング付きで簡単装着。


ERGON GP2 ¥4,725(税込)※右端
ノンスリップラバーを挿入したグラスファイバーコンポジット製バーエンド付
ベストセラーを誇るパフォーマンスコンフォートモデル。
※グリップシフト対応のショートタイプも有り

エルゴンのグリップは通常の円筒形グリップと比べて表面積が40%も広く
手のひらのほぼ全面でにぎれるので、長時間乗る時ほど効果が発揮されます。

スポンサーサイト